顔のたるみはエクササイズで解消!まずは原因を知ること!


年をとれば、しわ、しみ、たるみは仕方ないと思っていましたが、
この前、私の友人に久しぶりに会ったらビックリ!全然変わっていないのです。
私なんてこの数年で一気に老け込んだというのに…。
聞いたら、毎日たるみエクササイズを欠かさないとのこと。
表情筋を動かす運動をやってるんだそうです。
それと食事に気をつけているのだとか。

確かに10代、20代のころは同級生だったら、みな同じくらいの年齢に見えました。
でも、35歳を過ぎたころから、人によって見た目年齢に差が出てきた気がします。
40歳、50歳になったら、もっと顕著になるのも当然。

数ヶ月前のこと、大地真央さんの出ているテレビを何気なく観ていました。
相変わらず、本当に美しい真央さん。
私よりずっと年が上のはずなのに、驚異的な若さ!
ずっとテレビの真央さんを見ていて、気づいたことがあります。
ものすごく姿勢が良いのです。
背筋から首筋までピ-ンと伸びています。
さすが元タカラジェンヌ。
やっぱり日頃の努力の成果って如実に出るんだな~と思いました。

若々しい私の友人と真央さんの姿に感動した私。
負けずに若返るぞ-と決意し、顔のたるみ対策を始めることにしました。
それから半年…自分では結構効果が出ているのでは?と思っています。

ということで、たるみの原因からたるみ防止エクササイズまで、皆さんにもお教えしちゃいます。

たるみの原因と対策

顔のたるみの原因は、乾燥、背筋力の低下、姿勢の悪さ、骨の歪み、バランスの悪い食生活、加齢などがあります。

乾燥はしわだけじゃなく、たるみの大敵

乾燥はやっぱり良くないんです。
皮膚にハリと弾力を与えるものにケラチン繊維というものがありますが、これは水分を抱え込んでハリと弾力を保ってくれています。水分不足になると、このケラチン繊維の柔軟性や弾力性が失われて、たるみ、しわなどを引き起こしてしまうのです。

皮膚が乾燥する原因としては、ほかにもセラミドの減少やホルモンバランスの崩れなども考えられます。要するに保湿がすごく大事だということです。
洗顔のあとは、すぐに化粧水で肌を整えたら、保湿効果の高い美容液などで水分の蒸発を防ぐことが、たるみ対策には絶対必要なんです。

背筋力を鍛えてたるみ撃退

背筋力の低下でどうして顔のたるみが起こるの?と思ってしまいますが、実は顔の筋肉を引っ張り上げているのは背中の筋肉、僧帽筋なんです。
僧帽筋って聞いたことありませんか?そう、肩こりと関係の深い筋肉ですよね。首から肩、背中にかけての筋肉をこう呼びます。
ちなみにこの名前、僧帽筋の形が修道士の頭巾に似ていたから付けられたそうですよ。
この僧帽筋を鍛えることで顔のたるみをなくすことができます。顔も首も背中もつながっていますからね。

姿勢が悪いと、肩こりになります。これは首や肩の周りの血行が悪くなるからです。姿勢が悪い状態がずっと続くと骨が歪んできます。首の骨や背骨が歪むと神経が圧迫されて、リンパの流れが悪くなります。これにより顔の新陳代謝が低下して、たるんでしまうのです。

背筋力を鍛える方法としては、上体そらしがあります。
そのやり方はつぎのとおりです。

両足を肩幅に開き、両手を頭の後ろに置きます。
肘を横にピンと伸ばし、そのままの姿勢を保ちながらゆっくりとお尻を後ろに引いていきます。
このとき、背中に意識を集中させ、背中を丸めずにやや反るようにしてくださいね。肩甲骨を寄せ気味にして、胸を張りながらやるとうまくできますよ。

それとオススメなのがトランポリンです。トランポリンは全身運動になり、血管の若返りに効果があります。そして、たるみの予防にもなります。通販で3500円くらいで買えますから、是非いかが?楽しみながら、たるみ防止と健康増進になりますよ。

食生活を見直してたるみ防止

食生活もたるみの原因になります。良質なタンパク質を摂り、ビタミン、ミネラルの多い食事をすることで、たるみの予防になります。

特に野菜や果物に含まれるフィトケミカルが、美肌や健康には効果があることがわかっています。でもフィトケミカルって何?って思ってる人多いと思います。
フィトケミカルというのは、植物の色、香り、苦味、辛味などに含まれる化学物質のことです。ポリフェノールなんかもフィトケミカルに含まれます。トマトのリコピン、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、唐辛子のカプサイシンなどもそうです。
フィトケミカルを多く摂るためには、7つの色を摂ると良いのです。すなわち白、黒、緑、赤、黄、オレンジ、紫の7色。
この色の野菜や果物を食事に加えます。そして香りや辛味成分、苦味成分を持つショウガ、ニンニク、唐辛子などを味のアクセントとして加えると良いですよ。
1回の食事でこれらを全部摂るのは難しいので、1日3回の食事の中でうまく組み合わせるようにしてくださいね。

たるみに直接働くのがコラーゲンとエラスチンです。
ご存じコラーゲンはタンパク質の一種で、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割を果たしています。
エラスチンもタンパク質の一種ですが、弾力繊維ともいわれ、ゴムのように伸縮しながら肌に弾力を与えています。コラーゲンに巻き付いて、その構造を補強する働きをしています。
コラーゲンは海老、手羽先、鮭、うなぎ、高野豆腐に多く含まれています。
エラスチンは、かつお節、シラス、小豆に多く含まれています。
どちらも和食によく使われる食材が多い。やっぱり日本食って、健康にも美容にもいいんですね。

表情筋エクササイズ

私が普段行なっている表情筋エクササイズです。最近は暇さえあればこれをやっています。でも、そんなに頑張らなくても1日2~3回やれば良いですよ。

まず口の周りの筋肉をほぐします。
「アエイウエオアオ」「カケキクケコカコ」のような感じで「ラレリルレロラロ」とア行からラ行まで、口を心持ち多く開けてハッキリ発音します。これを3回。
これはボイトレにもなりますよ。

次に、上まぶたを動かさないように、下まぶたを上に持ち上げるように閉じます。まぶしいときに両目を細めるような感じです。これを30秒くらい続けます。
その後、右、左交互に下まぶただけを持ちあげるようにします。右左それぞれ30回ずつやってください。
このエクササイズをやることで、目の下のたるみを改善、予防することができます。

最後に舌で右頬の内側をゆっくり上下させます。これも30秒くらい。
同じように左頬の内側も30秒。
その後、舌を口の中で時計回りに30秒ゆっくり回します。
同じように反時計周りでも30秒回します。
このエクササイズはほうれい線の改善、予防になります。

たるみの原因から改善策までいろいろと書いてきましたが、少しずつでも取り入れてみてください。
表情筋エクササイズは電車の中、トイレの中、お風呂に入っているとき、ほかのことをしながらできますから、是非お試しください。
時間や回数は最初は無理をせず、ご自分のペースでやってくださいね。

当サイトのおすすめ化粧品・サプリ・美顔器

最後に、当サイトがおすすめする人気の化粧品・サプリも合わせて紹介します。
またたるみに絶大な効果を発揮する美顔器も上記ページで紹介していますので、こちらも是非参考にしてみて下さいね。

おすすめの「たるみ改善コスメ」のご紹介

@コスメでの口コミ評価でも5.8と高評価で、たるみ改善にみなさん非常に納得している商品「Manier-マニール-」です。

初回はいろいろサンプルも付いてきて、3990円とそこまで高くないので是非お試しして頂きたいです!

商品の詳細はこちら




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

たるみの改善、解消方法教えます。