顔のたるみをとるにはまず第一に顔の運動が大切です。


顔のたるみに効果がある方法を紹介します。

表情筋を鍛える

顔のたるみの主な原因は、表情筋の老化でたるんでくるということがあげられます。
そのためには顔の表情筋を鍛える運動をする必要があります。
表情筋の運動は簡単なので、毎日繰り返すことでたるみがとれて、顔がリフトアップさせることができます。
表情筋を鍛えるには、鏡の前に座って、自分の顔を見ながら行うことがいいでしょう。
きちんと顔の運動ができているかどうかを確認しながら運動していくことが大切です。
主な表情筋の運動は簡単なところから、目を大きく見開いて、口を大きく開けて息を吸い込みます。
そうして、今度は目をしっかりと閉じて、口を「う」の形のようにして、息を吐き出します。
それを繰り返します。すると、目元と口元のたるみが解消されます。
コツはしっかりと目を閉じて、息を吸い込むことと、息を吐き出すときに、顔がくしゃくしゃになるようにして息をゆっくりと吐き出すことです。

表情筋の運動のしかた

表情筋の運動に最適なのが、「あ」「い」「う」「え」「お」を発音しながら、顔を大胆に動かすことです。
「あ」のときは、口をめっぱい広げて、目も大きくひらきます。
そして「あー」と声を出します。
そして「い」のときは、口を横にひっぱるようにして、「いー」と言います。
顔の筋肉が十分に使われているのを感じながらすることが必要です。
「う」のときは唇を前に突き出すようにして、「うー」と発音します。
唇をすぼめて、しっかりと力を入れるのがコツです。
そして「え」のときは、口全体を内側に引っ張り込むようにして、「えー」と言います。
そうすると、?のあたりの筋肉が使われていることが感じられます。
「お」のときは口の中に空洞を作って、口はすぼめて、「おー」と発声します。
この「あ」「い」「う」「え」「お」の発音をしながらする顔の運動だけでも、かなりの顔の筋力トレーニングになりますので、試してみる価値はあります。

ひょっとこ運動

顔の表情筋の運動のしかたには、「あ」「い」「う」「え」「お」の他にも、ひょっとこ運動というのがありまして、下アゴを右に寄せて、そのときに右目を閉じます。
ちょうどひょっとこのような形になりますので、ひょっとこ運動という名前をつけています。
同じように左アゴを左側に寄せて、左目を閉じます。
その繰り返しをすると、目の周りや口の周り、それに?のたるみを解消する効果があります。
どの運動も、根気よく続けることが必要で、人前ではとてもできない形相の運動ですので、一人になったときには、定期的に行うことが大切です。
「あ」「い」「う」「え」「お」発音の表情筋運動は基礎的なものですから、簡単で、それでいて効果が感じられるものですから、続けるといいと思います。

化粧品でたるみを取る方法

表情筋の運動と一緒に行うといいのが、基礎化粧品に美容液を使うことです。
私がたるみに効果があるなと思ったのは、ランコムのヴィジョネアとエスティーローダーのナイトリペアです。
日頃のお手入れにもSK2などのアンチエイジング系の基礎化粧品を使うと効果がより現れるようです。
ランコムのヴィジョネアは特に肌がすべすべとなって、アゴ周りのたるみが気にならなくなります。
ランコムのジェニフィックと併用すると更にたるみに効果が感じられます。
ランコムのジェニフィックはブースター的な働きをしますので、ジェニフィックをつけた後で化粧水を付け、その後でヴィジョネアを使うと非常に効果があります。
私が使った美容液の中では効果を感じることが出来た美容液の中にはいります。
ランコムのヴィジョネアやジェニフィックと一緒に使うといいのが、ランコムのプリモディアルです。これも顔のたるみに効果があります。
どの方法も続けることが肝心です。

当サイトのおすすめ化粧品・サプリ・美顔器

最後に、当サイトがおすすめする人気の化粧品・サプリも合わせて紹介します。
またたるみに絶大な効果を発揮する美顔器も上記ページで紹介していますので、こちらも是非参考にしてみて下さいね。

おすすめの「たるみ改善コスメ」のご紹介

@コスメでの口コミ評価でも5.8と高評価で、たるみ改善にみなさん非常に納得している商品「Manier-マニール-」です。

初回はいろいろサンプルも付いてきて、3990円とそこまで高くないので是非お試しして頂きたいです!

商品の詳細はこちら




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

たるみの改善、解消方法教えます。