アラサー女子の大敵!たるみと戦う日々のケア


年齢を重ねるにつれて、重力に耐え切れず出来てしまう「たるみ」は女性の敵です。

特に、アラサー世代はライフスタイルの変化、主に妊娠出産などで体も変化する時期です。

そして、放って置く事に慣れてしまったのなら老化への道まっしぐらです。

今からでも遅くない、出来てしまったたるみをケアして、ハツラツ元気なアラフォーを目指しましょう。

ツボ押しでたるみを撃退

「耳ツボダイエット」などがあるように、ツボを刺激する事で体を整える事は東洋医学からも言い伝えられています。
目元のたるみ、気になりますよね。目じりの斜め下にある骨のくぼみを「救後」と言います。そこを刺激してあげて下さい。小じわにも効果大です。
また、ほうれい線のたるみも年齢をかさましします。小鼻の脇にある「迎香」というツボを押してください。
下まぶたの中央から1センチ程真下のくぼみにあるツボを「四白」と言います。この箇所を刺激すると、たるみは勿論のことむくみも取り除きます。

たるみ予防の定番マッサージ

たるみの予防には、やはりマッサージが大事です。
毎日の習慣にしましょう。
一日の終わり、お風呂上りのリラックスした状態で望むのがベストです。
体が芯から温まり、筋肉も柔らかくなっています。その状態で取り組むと効果も倍期待出来ます。
顎下にあるたるんだお肉を引っ張り上げるように、耳下のリンパに向かって流れるようにマッサージして下さい。
お肉を流すイメージで行います。
マッサージの際、摩擦は肌トラブルを引き起こします。
しっかりオイルやクリームなどを塗った後に行うようにしましょう。
ゆっくりリラックスして一日一回お風呂上りに10分程の習慣が、たるみを予防します。
丁寧に、アロマ効果のあるオイルなどを使うと気持ち良く楽しめます。

内側からデトックスでたるみを増やさない

外側からのケアも大事ですが、やはり体を作るのは「何を吸収し、取り入れ排出したか」によるものが大きいですね。
コラーゲンや肌に良い栄養素を含むサプリや食事がたるみ予防を助けます。
毎日食べるお米は「玄米」にする、牛筋やコラーゲンたっぷりの煮魚から出た煮こごりなど、また海藻類やうなぎなどはスタミナは勿論の事、栄養価も高く美肌効果をアップさせます。
そして、良いものだけ吸収し、余分な毒素は外に排出します。
これがデトックスです。デトックスには大量の水を飲用する事、そして体をしっかり温める習慣をつけることです。
半身浴や足元や腰周りを冷やさない様にする事、また適度な運動やストレッチでデトックスは促進されます。
そして便秘予防の為にも、食物繊維は多く取る様に心がけましょう。

たるみを無くす顔運動

メディアでも多く取り上げられている即効性のある運動です。
これは小顔効果も期待出来るうえ、出来てしまったたるみも無くしリフトアップする事が出来ます。
口を大きく「お」の字型に開けて、顔の上部は笑顔を作るイメージで行ってください。表情筋が鍛えられます。
また、マウスピースなどの器具を使って鍛える方法もあります。
そういった物が無ければ、割り箸一本でも対応出来ます。割り箸を加えて、口を「い」の字型に食いしばります。
この時割り箸が割れてしまわないよう気をつけて下さいね。
そして、そういった道具が無くても、普段から意識して、家事の合間や湯船に浸かっている時など、表情筋を伸縮させるように絶えず動かす習慣をつけましょう。

おわりに

顔のたるみがあるか無いかで、見た目年齢は確実に変わって来ます。
どうせなら若々しく見られたいですし、若々しくあろうとする気持ちは人を健康にもさせます。
常にポジティブシンキングで生き生きと健康的に過ごすことがたるみを無くす一番のポイントかもしれません。

当サイトのおすすめ化粧品・サプリ・美顔器

最後に、当サイトがおすすめする人気の化粧品・サプリも合わせて紹介します。
またたるみに絶大な効果を発揮する美顔器も上記ページで紹介していますので、こちらも是非参考にしてみて下さいね。

おすすめの「たるみ改善コスメ」のご紹介

@コスメでの口コミ評価でも5.8と高評価で、たるみ改善にみなさん非常に納得している商品「Manier-マニール-」です。

初回はいろいろサンプルも付いてきて、3990円とそこまで高くないので是非お試しして頂きたいです!

商品の詳細はこちら




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

たるみの改善、解消方法教えます。