50代女性必見、口元のたるみに有効で効果的なトレーニング方法


顔のたるみは、喫煙や紫外線の影響で発生する活性酸素の他にも、筋力の低下も大きな原因となっています。顔の筋肉を鍛える方法としては、食生活を工夫する事によって、たるみの予防を行う事が出来ます。

1.たるみを防ぐために鍛える顔の筋肉とは

顔のたるみでも特に、目元と口元は目立ってしまう部位です。これらを防ぐためには、それぞれ別の方法を行う必要があります。

まず目元のたるみは、眼球を動かしている筋肉が衰えた事と密接な関係があります。この筋肉を鍛える事は、視力の改善にも役に立ちます。遠くのものと近くのものとを交互に的確に認識するように繰り返し見る事が、眼球の筋肉を鍛える方法となっています。

次に口元の筋肉ですが、この筋肉を鍛える事によって、他にもメリットを獲得する事が出来ます。

2.口元の筋肉を鍛える理由

日本語は、口をあまり開くことなく発声する事が出来る言語です。これは大きなメリットでもありますが、表情が乏しいと思われる原因ともなっています。口をあまり開くことなく会話を行う事が出来るのは、表情筋が衰えた人でも会話を行う事ができる半面、口周りの筋肉が早く衰えてしまう原因ともなっています。

昔の人が固いものをよくかんで食べていたのは、この筋肉が衰えてしまう事を防ぐために非常に有効な方法となっていました。しかし食生活が変化してしまった事によって、現在では特に口元の筋肉が早く衰えてしまうような環境となっています。

口元の筋肉が衰えてしまうと、口元がたるむ以外にも、デメリットが生じてしまいます。口を引き締めるという動作がおろそかになると口呼吸という呼吸法を行いやすくなります。雑菌が直接気管に入ってしまう事になるので、病気の原因にもなりますし、抵抗力が弱くなり、ストレスなどにも負けてしまう事になります。

3.口元の筋肉を鍛える事で獲得できるメリット

口元の筋肉を鍛えておく事によって、口ではなく鼻で呼吸するという自然な動作を継続して行う事が出来ます。充分な酸素を常に供給する事が出来るので、細胞分裂が正常に行われることになります。細胞分裂が正常に行われるという事は、新しい皮膚の再生が行われるという事でもあり、たるみの原因である老化を防ぐということにもつながっていきます。

口元の筋肉を鍛えるという事は、余分な脂肪もつきにくくなるので、顔痩せという効果も期待できます。口元を鍛えるというだけで、美容と健康に様々なメリットを獲得する事が出来ます。

4.口元の筋肉を鍛える方法とメリット

口元の筋肉は、大きく口をあけるなど意識的な動作のほかに、かたいものを食べるという習慣的な行動も有効です。昔の人のように、かたいものを食べるという事は、口元だけではなく顎の筋肉も同時に鍛えられるので、シャープな顔のラインを作る事になります。

しかしかたいものを無理して食べて、歯を傷めるようなケースも考えられます。かたいものを食べる以外にも、口元の筋肉を鍛えるのに向いている食品があります。それはグミやガムなど、繰り返し噛む事が必要な食材です。

繰り返し物をかむという行為は、満腹中枢を刺激するので、過食を防ぐ効果があります。脳細胞も活性化され、ストレスも軽減されるので、更年期の女性が苦しむ倦怠感やイライラを改善する効果も期待できます。

5.口元の筋肉を鍛える時間

筋肉は、鍛えた後に休息させるという事で強くなり、発達していきます。これは口元や目元の筋肉であっても同様です。効果を期待するあまりに、あまりにも長い時間休みなくやり続けては、疲労や倦怠につながってしまいます。適切な休息を交えて無理のないペースで長期的に行う必要があります。

おすすめの「たるみ改善コスメ」のご紹介

@コスメでの口コミ評価でも5.8と高評価で、たるみ改善にみなさん非常に納得している商品「Manier-マニール-」です。

初回はいろいろサンプルも付いてきて、3990円とそこまで高くないので是非お試しして頂きたいです!

商品の詳細はこちら




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

たるみの改善、解消方法教えます。